理想に描いているオーダースーツを手に入れるためのポイント

納得のいく仕上がりが期待できる

東京や大阪ではオーダースーツ、オーダータキシードを作る人が年々増加しているようです。納得できる1着を作成するためにも、スーツ選びのポイントをしっかり理解しておきましょう。

スーツを購入したいなら知っておきたいこと特集

スーツ

目的を明確にする

オーダースーツやオーダータキシードを作るときに大切なのが「作り上げたい1着をどのシーンで、どのように着たいのか」がポイントになってきます。このイメージがしっかりしているとスーツ作りもきっと楽しくなってくるでしょう。逆にイメージが明確でなければ、実際にお店に行ってもかなりの時間悩んでしまうので大変な思いをしてしまいますよ!

どうやって生地などを選べばいいのか

【週5でがっつり着たい人】
・価格を抑えながら耐久性のあるスタンダードな1着を。
生地は、防シワ性や摩耗強度、ストレッチ性を考慮して定番のウールや生地の下となる糸のねじりが固く強い糸(ウール100%)のもの、頑丈なナイロン系のウール素材がお勧めされています。予算はコスパを考えて、5万円前後となるオーダースーツが良いでしょう。

【結婚式などのイベントに着たい人】
ウールやシルクだと光沢感が出て、上品さをアピールできますよ。予算は、出席者の年齢や会場の雰囲気、また貴方の年齢に合わせて選ぶと、その場にふさわしい装いができるかもしれません。これはオーダータキシード選びも一緒です。

【男性としての魅力をぐっと高める1着が欲しい人】
予算は、その1着を着続けることを考慮して20万円からとなるフルオーダー良いでしょう!高級生地が選べますし、150s’~160s’の高ランクのウールも使うことが出来ます。

相場について把握しておこう

・パターンオーダーの場合→2万円~5万円ほど
・イージーオーダーの場合→5万円~20万円ほど
・フルオーダーの場合→20万円~100万円
上記が相場となっています。1着を仕立て上げるまでの手間、職人が手縫いで仕上げるのかどうか、などで価格に幅が出てくるようです。

素敵なオーダースーツ、タキシードを手に入れよう!

1着持っていると長く着け続けることが出来ますし、世界でたった1着だけのオリジナリティ溢れたスーツに仕立て上げられるんです!スタッフも親身になって対応してくれるので安心して任せましょう。

注文の流れを一通りCHECK

専門店へ行ってスタッフへ要望を伝える所から!

初めてスーツを作る方や、いまいちスーツのことが良く分からないという方でも大丈夫!好みのデザインや予算などの要望をスタッフにしっかり伝えることによって、貴方にぴったりなスーツを紹介してくれますよ。

生地選び、デザインスタイルを決める

様々な種類の生地を取り扱っているショップがほとんどです。約1000種類の中から選べるので、着用する用途に合わせて選ぶといいかもしれませんね!生地を決め終えたら、スーツのデザインやスタイルを決めましょう。オリジナリティ溢れたオーダースーツにしたいなら、ベストやスペアパンツなども追加をするのもアリ♪

さっそく採寸、補正。その後に縫製

スタイルやデザインが決まったら採寸スタート!サイズに合わせて、ゲージと呼ばれる見本を着用します。たくさんの実績があるスタッフが補正をしていき、着心地がとても良いサイズに近づけてくれますよ。寸法を終えたら次は縫製です!約3週間後に世界でたった1枚のオーダースーツやオーダータキシードが出来上がるでしょう。

受け取り

出来上がったスーツを受け取りにいきましょう。希望があれば、渡した日より1年間は調整や直しを無料で承ってくれるようです!各オーダースーツの専門店によってサービス・サポート内容は異なりますのであらかじめ確認しておくべし。

はこれを考慮して作成方法を選ぶと失敗は無い!

・週5日スーツを着たいならパターンオーダー
・結婚式などのイベントにはイージーオーダー
・自分の個性を最大限に引き出したいならフルオーダー
がお勧めされています。一生使うスーツは、こだわりをもって作成しましょう。

基礎知識を習得しておけばきっとスムーズな取引になる

いかがでしたか?オーダースーツは職人が丁寧に仕上げてくれるので、身体にフィットした仕上がりになりますし、お手入れも欠かさず行なうと、いつまでも綺麗な状態のまま保つことが出来ますよ。

人気があるスーツスタイルランキング!

no.1

ブリティッシュスタイル

かっちりとしたシルエットで男性の魅力を引き出してくれる「ブリティッシュ」が第1位。多彩なディテールが特徴で、ウエストラインもシェイプが効いているのでスタイルを良く見せるようです。

no.2

イタリアンクラシコスタイル

シェイプがとっても緩やかでウエストラインも自然。また、ゴージ位置が高いため、全体的に柔らかい印象を与えることが出来ますよ!日本でも着心地が良いと言われており、選ぶ人がどんどん増えているそうです。

no.3

アメリカントラディショナルスタイル

ゆったりとしたシルエットが魅力的なのアメリカントラディショナルスタイル。落ち着きのある印象を与えることができるかも!肩パッドがないナチュラルショルダーなので長時間着けても疲れにくいです。

広告募集中